BLOG

ヴィーガン飲食店員の生活様式④(フェネグリーク)

ヴィーガン飲食店員の生活様式④(フェネグリーク)

こんにちは!(^.^)

 

皆さん、お元気でしょうか??

 

僕の最近はといえば、花粉で目が痒くて掻いたり、くしゃみをしたりして過ごしています。(菜食生活にしてからは、薬を飲まなくても過ごせるくらいまで花粉症は治っています)

 

ところで、先日、あるスパイス界の巨匠のもとを訪問してきました。

 

スパイスのお茶をいただきながら、数時間ほど談笑(主にヴィーガンについて)。ここでのお話についてはまた別の回で書かせていただけたらと思いますm(._.)m

 

いただいたお茶で使っていたのは、知っている方も多いと思いますが、「フェネグリーク」というスパイス。

 

種子の部分は、「フェネグリーク」=「メティ」=「コロハ」と呼ばれ、葉の部分は「カスリメティ」と呼ばれています。

 

↓こちらが「フェネグリーク」

メイプルシロップに似た甘い香り、味は強い苦みが特徴。クローバーの香りと表現されることも。

 

お豆として食したり、芽を生やしてスプラウトとしてサラダで食べたり!カレーやチャツネ、様々な料理に幅広く用いられています。

 

様々な使い道はありますが、今回は簡単にできるスパイスティーをご紹介。

 

〜簡単!フェネグリークティー〜

 

1.お鍋にフェネグリークを入れる(大さじ1)

 

2.お水を注ぐ(200㎖)

 

3.3分間煮出す(中火)

 

4.完成(綺麗な黄色になります!)スパイスを濾して、マグカップに注いでくださいね(^^)

 

1度煮出して濾したフェネグリークは熱湯を注ぐと、1分程で再度抽出できます。ほぼ無限に抽出可能(笑)

 

僕はまだやっていませんが、煎るとコーヒーの代用品にもなるそうです。

 

消化不良、腰痛、血糖値のコントロールなどに利用されることもあるそうです。

 

スパイスティーは様々な効用を持っていて奥が深いですよね。まるでお薬。

 

スパイス絶賛勉強中ですが、学びながら実践して、他のスパイスティーも紹介していけたらと思います!

 

美味しいフェネグリークティーと貴重なお土産話をもらい、ルンルンで帰ろうとした時、、、

 

 

デカッ!!!!!!!!

 

(皆さんにサイズ感を伝えるために撮った写真なのですが、、、伝わってください、、、笑)

 

なんと!椎茸をプレゼントしてくれちゃいました!

 

こんな大きさの椎茸、見たことない、、、鳥取県の115号という品種。今年最後の取り寄せだそうです。

 

ヴィーガンの自分にとっては、何よりも嬉しい超超超!ごちそう(T_T)

 

焼いて塩だけ、天ぷら、の2通りでいただきましたが

 

ターメリックと米粉で天麩羅

 

肉厚で、噛んだ時に出てくる、しいたけ汁がハンパなくウマイっ!!!

 

食べたことがない人はぜひ一度、食べてみてください。食べたことがある人はぜひもう一度。

 

そんなこんなで、しいたけ、ほんとに旨味がすごいです。

 

そのままいただくのはもちろん、ヴィーガンにとっては、非常に大切な、だし汁の素でございます。

 

ということで来週は、しいたけを使った、プラントベースの簡単デイリーユースだし汁をご紹介します!

 

また遊びに来てくださいね〜(^^)

 

 

↓参考文献↓

・スパイス&ハーブの使いこなし事典(主婦の友社)←スパイスとハーブの入門書としてオススメ

・スパイス完全ガイド(山と渓谷社)

・知っておいしいスパイス事典(実業之日本社)

・カラー図鑑スパイスの秘密(西村書店)

 

 

似ている記事

ブログ一覧に戻る